賢くマンション経営を行なう【リスク回避で安定できる投資】

案内する男の人

ビジネスを考える時には

アパート

マンション経営は上手く安定化させる必要があります。季節ごとの入居率の変化などを知ることも、マンション経営において重要なこととなります。不動産に関する有益なデジタルデータなどを活用することも、マンション経営において大切なこととなります。

» 読んでみよう

自分で作る豊かな老後

コイン

老後不安が広がっている現代の日本では、不動産投資に大きな注目が集まっています。中でも区分マンションを保有するマンション経営は、サラリーマンの方の間で人気となっています。マンション経営を行う前には、2つのポイントを踏まえた事業計画を立てることが重要です。

» 読んでみよう

始めるにあたって

集合住宅

アパート経営との違い

マンション経営を始めるにあたっては、アパート経営との違いを認識しておくことは意外と大切なことです。二つとも不動産投資には変わりありませんが、その特徴は大きく異なり、それぞれやり方が違うからです。まず、アパート経営とはいわゆる一棟買いのことであるのに対して、マンション経営はマンションの一部屋だけを所有するという経営形態の違いがあります。マンション経営の場合、あるマンションのうち一部屋だけを購入して貸出しをするため、初期投資が小さくて済むというメリットがあります。もちろん、一部屋に限らず、複数の部屋に投資をして貸し出すというのもマンション経営の手法であり、アパート経営と違って、投資の自由度が高いことやその手軽さが人気です。

リスクも知っておく

ただ、マンション経営にもリスクがないわけではありません。手軽に投資ができ、また投資額もある程度抑えることはできますが、一部屋しか貸出しをしていないという場合、もしその一部屋に入居者が入らなかったりすると、収入がまったく得られなくなってしまうことがあるということです。この点、アパート経営の方は一棟買いであるため、投資の額がかなり大きくなってしまいますが、たとえ一部屋くらい入居者がいなくとも、他の部屋に人が入っていれば安定した家賃収入を得ることができます。つまり、マンション経営の場合、投資は少なくて済みますが、その投資したマンションの一部屋にいかに安定して入居者を入れるかということが収支のカギを握ることになるわけです。

今こそマンション投資

インテリア

金利が下がっている今日では、資金を借り入れて投資マンションを購入して、マンション経営を行うことで安定的な収益を得ることができます。まさにマンション経営を始めるチャンスです。注意しなければならないのは空室リスクへの対応だけです。

» 読んでみよう