賢くマンション経営を行なう【リスク回避で安定できる投資】

案内する女性

自分で作る豊かな老後

コイン

80歳を過ぎても働くか

不動産投資を始めるサラリーマンの方が増えています。今後は受取年金額が減額される恐れがあるほか、医療費負担が増加することが予想されています。80歳を過ぎてもお金のために働かなければならない方が増加すると予想されており、若い時から資産形成を行う重要性が増しているのです。そこで注目を集めているのが、不動産投資です。サラリーマンの方でもしっかりと資産形成ができると支持を集めており、中でもマンション経営に人気が集まっています。マンション経営の魅力は、初期費用の少なさにあります。区分マンションを購入する費用は1000万円から2000万円ほどとなっており、安定した収入さえあればサラリーマンの方でも無理なく購入することができます。

事業計画の2つのポイント

区分マンションを購入しマンション経営を行う際には、事前に事業計画を立てることが重要です。事業計画を立てる際には、2つのポイントを踏まえて立てるようにしましょう。1つ目のポイントが、入居者の確保のしやすさです。利便性の良い立地であること、入居者ニーズを満たした設備があることを重視することにより、事業計画を立てやすくなります。2つを満たしていない区分マンションは、入居者の確保に苦労することになります。また、事業計画が役に立たなくなるため、立地と設備を重視することが重要です。2つ目のポイントが、自己資金です。区分マンションを一室保有するよりも、二室以上を保有する方が効率的です。また、入居率を安定させるためにも、複数の区分マンションを保有することが重要です。全ての自己資金を最初に購入する区分マンションに投じないよう、事業計画を立てましょう。豊かな老後を迎えるために、しっかりと事業計画を立てマンション経営に挑みましょう。